都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


意味がわかると怖い話:姉殺しの兄が刑務所から手紙を・・・

   

この手の怖い話は、読みながら怖くなっていきます。そして、これは名作として受け継がれている意味がわかると怖い話のひとつ。

刑務所から届いた兄からの手紙は本当に怖い・・・。マジ怖いです。

なので、1回読んだらもう二度と読みたくない怖い話の短編もの。

信じるか信じないかはあなた次第。

みなさん、この話を読む時は部屋の鍵は閉めて読んでください。

意味がわかると怖い話:姉殺しの兄が刑務所から手紙を・・・

手紙 刑務所 兄 母 怖い話

刑務所の兄から届いた手紙:短編

姉を殺し、

両親や私に怪我をさせた兄が

刑務所から手紙を送って来た

・・・。

その兄からの手紙の内容はこれだ。

「昨 風 年 夜  時計 照 没 常  逸 線 走 却  監 牢 舎 投」

兄からの手紙の消印は一昨日だ。

「鍵!」

気付いてすぐ玄関に向かった母が悲鳴を上げた。

 

兄からの手紙の意味、わかりましたか?

手紙の解説

それぞれ一つの文字を入れて熟語を作る。

「昨、風、年、夜」 → 「昨、今風、今年、今夜」

「時計、照、没、常」 → 「時計、日照、日没、日常」

「逸、線、走、却」 → 「逸、脱線、脱走、脱却」

「監、牢、舎、投」 → 「監、牢獄、獄舎、投獄」

すると「今」「日」「脱」「獄」が当てはまる。

このことに気づいて施錠にいった母が悲鳴を上げたということは

兄が帰ってきたということ・・・

 

鳥肌ものの怖さです。

誰が考えたのか、毎回ですが意味がわかると怖い話の作者は誰なんでしょうか。

怖い話の作者は絶対探してはいけません。

 - 怖い話, 意味がわかると怖い