都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


意味がわかると怖い話「無人島に自衛隊とコックと本官の3人」

   

無人島シリーズで人気の意味がわかると怖い話です。夏になるとこの話は飲み会などでもよく聞きます。今から無人島に行く人は読まない方がいいかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第・・・

無人島に3人が漂流したときは注意してください。

意味がわかると怖い話「無人島に自衛隊とコックと本官の3人」

意味がわかると怖い話 無人島

無人島に3人が漂流

船が沈没し、ある無人島に三人の男が流れつきました。

一人は元自衛隊

一人はコック

一人は本官

彼らは、三日後にお互いに殺し合いをしました。

そして残った一人は二人の肉をたいらげ自殺しました。

さて、なぜ三日後に殺し合ったでしょう?

誰が最後に残ったでしょう?

三人目はなぜ、自殺したでしょう?

 

無人島に3人の男の怖い話。解説は下にあります。

 

解説

この3人の無人島の話にオチはないそうです。

ただの怖い話として受け継がれています。

コックも、元自衛隊も、本官も・・・なぜこの3人をチョイスした話なのか、都市伝説化されている3人の無人島物語。

こんなパターンの怖い話もあるそうです。

オカルトな話ですね・・・・

怖い怖い・・・

そしてこういう話をナポリタンというそうです。

 - 怖い話, 意味がわかると怖い