都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


意味がわかると怖い話:最新短編まとめ:解説付き

   

意味がわかると怖い話は、本当に意味わかると怖い。それ以上に想像しやすいシチュエーションが多い為、リアリティがあります。今回は大人気の意味がわかると怖い話の最新まとめをご紹介。1つずつでも喉がカラカラになるほど緊張感のある怖い話が・・・さらに。

絶対にひとりで読まないでください。

意味がわかると怖い話:最新短編まとめ:解説付き

意味がわかると怖い話「悲鳴」

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
私は驚いて行ってみると道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の
鉄板らしき物の前に座りこんでいた。

その女性に話を聞こうとしたが、ビックリしたのか話せない。
すぐに作業服を着た人が来て訳を話してくれた。
どうやらビルの上で工事をしている時に落としてしまったという。
幸い怪我人は出なく、女性は驚いて腰が抜けてしまっただけらしい。
それにしても赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味である。

散歩も飽きて夕陽が暮れ前に、もう一度その場所に寄ってみた。
その鉄板らしき物はまだ残っていた。とても重いので処理ができてないのだろう。
危ないからか、近づけないように警備員のような人がいた。
先ほどの女性もいた。声をかけてみた。

「先ほどは驚かれたことでしょうね」

女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」

と返してくれた。

【解説】

悲鳴を出したのは女の人ではない・・。

もう一度いう、悲鳴を出したのは女の人ではない・・・。

最新の怖い話はまだまだ続きます・・・

意味がわかると怖い「心霊写真」の話

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。
近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので
夜中に行ってみた。

玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から2階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて1階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、1軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。

【解説】

実はこの2人が殺人事件の犯人。しかし、その場所で心霊写真が撮れなかった2人は、今夜孤立している民家へ行く。また悲劇が・・・。

短編の怖い話は積もるほどありますよ。

意味がわかると怖い「暗い山道」

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

月明かりも街灯も民家の灯りも無い山道。
急いで車を飛ばし家路へと急ぐ。
するといきなり人が飛び出してきた。
急ブレーキを踏み何とか衝突は避けた。
相手も無事な様だが、凄まじい形相で何か言っている。
何だか怖くなりアクセル全開で逃げ去った。
ルームミラーで確認するが、まだこっちを見ている。
しつこいな。飛び出してくる方が悪いだろーが。

【解説】

アクセル全開で逃げて、それからルームミラーで確認したのに、暗闇でなぜ見える・・。

短編の良さは、呼吸を忘れるぐらいの間で読み切れる長さです。そろそろ一息ついてください。

意味がわかると怖い「一家心中」の話:短編

この短編は少し長いです。意味がわからなくてもなんだか怖い。超怖い短編です・・・

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。
また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。

医師がもう残りわずかの命である事を伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。
病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出ていった。
病室には女の子とおじいちゃんの二人。

女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。
しかし、途中で女の子は泣きながら
「おじいちゃんいなくなるの?」
と聞いた。するとおじいちゃんは
「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」
と言った。女の子は
「うん・・。でも死んじゃいやだよ。」
とつぶやいた。

その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた・・。

一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は○○加奈ちゃん」

 

【解説】

 

解説は読まない方がいいかもしれません・・・。

一応解説です・・・。

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」

→「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に加奈死んでくれるかい?」

 

ちーーーん。

鳥肌が止まりません。

意味がわからなくても怖い話「雑居ビルのエレベーター」

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。
それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう
古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、
つい怠けてエレベーターを使おうとした。ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。
と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、
思わず後退りした。その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、酷い事でもされたか?ラリってるのか?
こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何やってるかわからない・・。
恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。階段から人が降りてくる気配も無い。
不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。そう思いながらエレベーターに乗った。

荷物の宛先は8階。

おかしい。

ボタンがひとつしかない。

【解説】

ボタンが一つしかない → 「閉」しかない → 外からしか開けられない

 

でた、怖すぎな話「トムとサンタクロース」

意味がわかると怖い話 意味 短編 解説付き

トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。
朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つほどあった。
窓からサンタが中を覗いているのが見える。サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。

トムはニタニタ笑っているサンタを見て少し不機嫌に思いながらも
プレゼントの置いてある所に行った。
トムはまず一つ目のプレゼントを手に取った。サンタは更にニタニタと笑っている。

プレゼントの箱を空けると中から長ズボンが出てきた。
トムは少しがっかりしたような表情をしながらも次の箱を手に取った。
サンタは腹を抱えて笑っている。

二つ目の箱を開けると中からサッカーボールが出てきた。
トムはますます不機嫌になり、とても腹が立った。

トムは続けて一番大きな最後の箱を開けた。すると中から自転車が出てきた。
サンタは雪の上を転がりまわって笑っている。
トムはとうとう耐え切れなくなって泣き出してしまった。

【解説】 → トムには足がない。 有名な知能テストだそうで、2度目で理解できたらIQ110、3度目でIQ105、
3度目で判らなければ平凡、ということらしいです。真偽の程は不明。

 

意味がわかると超怖い話まとめはいかがでしたか?

Siriに聞いてみてください・・・

意味がわかると怖い話をして・・・と・・・

 - 怖い話, 意味がわかると怖い