都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


2045年問題Wiki。その正体ってまさか?

   

wiki 人工知能

2045年問題をWikipediaで検索すると、
あるキーワードが浮かび上がる。

Wikiで2045年問題の内容は以下だ。

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)とは、テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来のこと。

人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事と説明されることも少なくない。単にシンギュラリティ(Singularity)ともいう。

未来研究において、正確かつ信頼できる、人類の技術開発の歴史から推測され得る未来モデルの限界点を指す。

この文章を見ていると違和感を感じてきた・・・

2045年問題Wiki

まずはこの言葉からチェック

技術的特異点(シンギュラリティ)

技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)によって起こる出来事である。

あるいは、「強い人工知能」人間の知能増幅が可能となったとき出現する。

強い人工知能・・・インパクトのあるキーワード。

フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。

ポストヒューマン。人に変わるものとして解釈していいのだろう。

 

こうやってWikipediaで2045年問題を調べると、
いろいろなキーワードに脅威を感じる。

 

(2045年問題については2045年問題とはを参照して欲しい)

 

 

改めて思う事

今回Wikipediaでシンギュラリティやら技術的特異点というキーワードがあがってきたが、この都市伝説ブログをスタートさせて人工知能について書く事が多くなった。

都市伝説と人工知能が繋がっているわけではないが、ハローバイバイ関氏の言う事が人工知能分野でも言葉がチラホラ出ている。

人工知能は奥が深い・・・
そしてその都度形を変えてニュースになってくる。

ブログを運営するものとしても整理がつかなくなってきた。

そしてwikiでは分かりづらいく専門用語が多い、
なので、これからキーワードだけをまとめたページを作ろうと思う。

 

ん?????

 

 

あれ・・・・・

 

 

 

おかしいぞ・・・・

 

 

 

さっきの違和感・・・・・

 

 

 

Wikipedia・・・って

 

もしかして??

強い人工知能になりうるのか?

 

そして・・・

 

ゾルタスクゼイアン?

 

 

もしかしたらwiki自体が人工知能としてすでに動きだしているのでは・・・・

 

 

 - 人工知能 , , ,