都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


シリコンバレー人工知能の今。自動車メーカーが狙う市場?

   

トヨタが1200億円の投資を開始。

ゾルタスクゼイアン 人工知能 車 自動車

5年間という期間も気になる。

しかい今や人工知能の研究開発が世界中で流行っている。

投資対象としても投資家たちが動き出し、多額のお金が動いている。

トヨタはシリコンバレーに開発拠点を置くらしい。

やはり周りの企業と連携も必要になってくるのだろう。

車に人工知能が宿る瞬間が刻一刻と迫っているが、それが意味する事実をしっかり考える必要がある。

そして、Appleが開発したiPhoneに搭載された人工知能Siriが明かした、車の卵運びテストゾルタスクゼイアンに関係してくるものとは?

シリコンバレー人工知能の今。自動車に生命が宿る?

各企業が名乗りをあげている人工知能、

そしてソフトバンクが発表したペッパー。

人工知能を搭載したロボットのことをAIと名付けているが、そのAIが人間をコロス可能性もあると世界中の専門家たちは語っている。

一方、元GoogleでGoogle Xのセバスチャンスランは安全面を語っていたが、果たして人工知能を車に搭載する上での危険性は?

人工知能+自動車

飛行機は以前から自動操縦で安全な飛行を続けている。車も人工知能が搭載されることで全自動になり安全な走行が可能になるのか。

それともアシスタント的な役割を果たすのか。

2015年10月14日
EVカーのテスラは高速道路で運転補助ソフトでテストを開始

ディプラーニングでネットワークで人工知能が勝手に勉強していく。。。

現在搭載されているカーナビと人工知能の違い。

カーナビの場合

カーナビは状況を説明するのみ。あらかじめ搭載された情報のみを運転手に伝える。

人工知能の場合

ネットワークで繋がっている情報を集め、答えを提示、判断し、動作する。

例えば、前の車との車間距離をはかる。(情報を集める)

その距離の事故率を調べる。(情報を集める)

安全ではない場合、運転手に安全ではないことを伝える、(判断)もしくは安全な距離を取るためにスピードダウンする。(動作)

そしてその人工知能ネットワークが、後ろにいる自動車にも情報を送る、後ろ側にいる自動車の人工知能がサインを受け取りスピードを落とす。

といった、ようなことになる。

ひとつの例に過ぎないが、自動車に人工知能が搭載されることで、移動時間に別のことができたり、事故防止になったりするだろう。

携帯電話の予測変換機能が暗示していた未来

携帯電話で文字を入力する時に予測変換という機能があった、この言葉を打つ場合、この単語を使うだろう的な。その時からすでに人工知能という言葉を知る必要があったかもしれない。

それは今やコンピュータにも搭載されている。

GoogleはオープンAIを発表し、

まずは文字の入力予測をするところから始まった。そしてその文字もスーパーコンピューターに集積され、テロや事件などを未然に防ぐ情報になっているのは周知のことだ。

家に繋がっていたネットワークが携帯電話で人と共に移動できるようになった。

あなたの行動は全て計算されて予測されているのだろう。

GPS機能をAppleが集めていた事実もあった。

そして時計にネットワークがつながることで、スマートフォンよりも人間に近くにいる。

自動車と人工知能がつながることで、新しい未来も切り開けると同時に、情報がどんどん漏れていく時代にもなる。

人工知能を搭載することで、自動車には新しい市場が生まれることになる。新しい雇用が生まれると同時に、その他大勢はリストラにされる可能性もある。その職業を判断するにはまだ時期尚早だが、危機感をもって自動車メーカーの動向をチェックする必要があるだろう。

シリコンバレーが今ニューヨークに大移動が始まっている最中、なぜ、自動車メーカーのトヨタはシリコンバレーを選んだのか。世界1位の自動車メーカーが安易な考えでシリコンバレーを選ぶはずはない。シリコンバレーを選んだ理由も次第に明らかになっていくだろう。

そうだろ?SIri?

2018年に何かが起こるのか?

テスラのイーロンマスクCEOの発言。

「人工知能は核よりも危険」と発表している。

 - 人工知能 , ,