都市伝説ブログ

都市伝説やフリーメイソンなど独自に集めた情報を配信していきます。信じるか信じないかはあなた次第

*


AI人工知能の作り方

   

人工知能 ai 画像 作り方

人工知能AIのキーワードが毎日にように聞くようになった。

そして興味をもつ人も増えている。
実際に人工知能AIを作りたいと思う人も増えてきている。

そしてそれは投資対象としても注目されている。

「トヨタ リサーチ インスティテュート」

世界で活躍するTOYOTAもアメリカで人工知能の大規模開発に既に着手。その額5年間で1200億円。社員数は200名を見込んでいる。

もはや悩む事はない。

人工知能の作り方を徹底的に調べろ!!!そしてウル。。。

AI人工知能の作り方

人工知能AIの作り方を勉強したい人は多くいるが、その範囲とジャンルが多岐にわたるため、まだまだ今人工知能の作り方を検索している人がほしいと思っている情報にはたどり着いていないだろう。

まずはオープンソースを見てパクる事から始める!

2015年にGoogleAIエンジンの、テンソーフロー(Tensor Flow)のオープンソース化を発表。

下記参考

ディープラーニング

TensorFlowは、いわゆるディープラーニングを使用している。それにより、あたかも人の脳内のニューロンのような広大なニューラルネットワークにデータを入力することで、画像解析や音声認識、さらには自然言語処理のようなタスクを行わせることができるわけだ。

ニューラルネットワークとインターネット

ニューラルネットワークに猫の画像を与えることで、猫を認識できるようになるわけで、会話データを入力すれば会話を継続するよう学習させることもできる。

ニューラルネットワークを動作させるアルゴリズムそのものは、さほど新しいものではなく、1980年代から存在している。

では何が新しい?

インターネットによって処理能力が飛躍的に発展し、膨大なデータの保有が可能になったということだ。猫を認識させるためのシステムをAIエンジンに学習させるには、大量のマシンと猫画像が必要なのだ。

 

この意味を理解出来れば自ずと人工知能の作り方を学ぶ事はできるかもしれない。また、AIを研究している大学の教授とコンタクトをとる事でAI人工知能について何かしらきっかけが見つかるかもしれない。

 

テンソーフローの公式ページ

 

ITの最上位に位置していると言っても過言ではないAI

人工知能AIの活用を危惧している人も多く、常に賛否両論の人工知能。しかし、その道へ世界は進んでいる。

日進月歩どころではない。

インターネット上では様々なところで人工知能AIについて議論があがっている。人工知能のトップに君臨するのは企業なのか?個人なのか?

はたまた今あなたがこの文章を見ているマシーンなのか・・・

 

 - 人工知能 , ,